好きな事を仕事にするには

好きなことを仕事にするとモチベーションを上げることができると言われています。しかし実際に好きなことを仕事にできている人は多くありません。好きなことを仕事にするには前向きな考えを持ち、経験を積み上げることが大切です。

ゲームクリエイターとゲームディレクターの違い

ゲーム制作に関わる人の総称【ゲームクリエイター】

ゲームクリエイターにはゲーム制作に関わる人全般を指す場合とゲーム制作に関わる人の中でも、ゲームディレクターやゲームプロデューサーなど企画職として働く人の総称として使われる場合があります。後者の場合、開発職としてゲームプログラマーと呼ばれる場合もあります。

ゲーム開発の監督【ゲームディレクター】

ゲームディレクターはゲーム開発の監督として開発や制作スタッフをまとめる他、企画から完成までの管理を行います。そのため、ゲームディレクターになるには、企画力や提案力などが必要になります。

ゲーム制作に関わる職種を知る事から始めよう

ゲーム制作に関わる仕事はたくさんあります。その中から自分にあった仕事を知ることが大切です。またゲームクリエイターやゲームプロデューサーなど職種によって必要なスキルが異なるので、必要なスキルを磨くことも大切です。

ゲーム制作に関わる主な職種

PC操作

ゲームをプログラミングするゲームプログラマー

ゲームプログラマーは開発言語を使いゲームのプログラミングを行う仕事です。主にゲームプロデューサーが作成した企画書や仕様書に合わせてプログラムを組んでいきます。ゲームプログラマーの主な就職先としてゲームメーカーやゲーム制作会社があります。

ゲームを制作するゲームクリエイター

ゲームクリエイターは名前の通りゲームを制作する仕事です。ゲームプログラマーやゲームデザイナーなどの職種の総称として使われています。ゲームクリエイターの主な就職先としてゲームメーカーやゲームソフト制作会社があります。

ゲーム制作を企画するゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーはゲーム制作を企画する仕事です。主にゲーム制作の予算やスケジュールなどを決めていきます。他にもスタッフの選定や販売促進の計画なども行います。ゲームプロデューサーの主な就職先としてゲームメーカーやゲーム開発会社があります。

ゲームクリエイターになるための秘訣【資格の重要性を知ろう】

ゲーム機

ゲームクリエイターに必要な資格を取得しよう

ゲームクリエイターになるために必須な資格はありませんが、資格を持っていると就職する際に有利になることが多いです。そのため資格を取得するゲームクリエイターも少なくありません。ゲームクリエイターが主に取得する資格はCGクリエイター検定や情報処理技術試験などがあります。CGクリエイター検定は年に2回行われる検定試験に合格することで取得できます。2DCGの基礎から3DCGの制作など、ゲームのソフトウエア開発やシステム開発の知識や技能を測ります。情報処理技術試験は、情報処理関連の検定の中で唯一経済産業省が認定する国家試験です。基本情報技術者試験と応用情報技術者試験に分かれていて、合格率は前者は約30%、後者は約20%となっています。ゲームクリエイター向けの専門学校では資格を取得するカリキュラムが組まれています。